Pocket

震災後の建物

熊本地震から数日。
まだ避難所や車中泊で過ごされてる方も多く、本当に大変な状況です。

でも、暗くなってばかりいても、しょうがない。

 

震災後の自粛論争。

こういう震災・災害があると必ず話題にあがるのが、「不謹慎」とか「自粛」っていう言葉。

今回の熊本地震でも、早々にそういうニュースが上がってましたねー。

たとえば、ホリエモンこと堀江貴文さん。

 

そして世界の本田圭佑さんも、こんなことを言っている。

様々な分野で自粛のニュースを目にしますが僕は自粛するのは間違ってると思います。

こういう時だからこそ、各々に与えられた役割を行動に移すことが求められているんじゃないでしょうか。

それなのに、多くのケースの場合は被災者の為ではなく「商品が売れなくなる」、「批判をされるから」という理由で自粛してるのなら、それはありえない。

本当に被災者らのことを思うなら、自粛どころか積極的にやるべきでそれを通じて何ができるかを考えたほうが良いんじゃないでしょうか。本田圭佑オフィシャルWEBサイトより

 

普通の生活が不謹慎なら、生きてること自体が不謹慎。

堀江さんや本田圭佑さんの意見、本当にその通り。

このご時勢、
TVでバラエティー番組をやったら不謹慎とか、
アーティストがコンサートをやったら不謹慎、
一般人でさえ、飲み会やったら不謹慎、
楽しかったことや日常のブログを書くのが不謹慎とか言われる時代。

不謹慎って何?
震災後に唱える呪文なの?

「こんな状況で◯◯するのは不謹慎」って。
どこからどこまでが不謹慎なの?

日常生活で笑うのもダメ?
買い物は?
音楽聞くのは?
ごはん食べるのは?

被災地の人はお風呂に入れないんだから、
お風呂に入るのも不謹慎?

 

どこからどこまでが普通で、どこから不謹慎なのか。
生きてる限りキリがない。

普通に生活することを不謹慎と言ってたら、生きてること自体が不謹慎になっちゃいます。

「震災で亡くなった人もいるのに、生きてるなんて不謹慎でしょー!」
とか、なっちゃうわけ??

そんなのおかしいでしょ。

 

自粛は全国の会社を倒産させるだけ。

それに「こんな時に飲み会するのが不謹慎」とか言ってたら、全国のお店が潰れますよ。

飲食店だけじゃない。
普通の生活を送らなかったら、全国の会社が商売成り立たなくなって、倒産して、みんな生きていけなくなる。

日本全滅しちゃうよ。

日本の経済が落ち込んだら、支援する財源だってなくなる。
普通に生活して経済を支えることが、被災地の復旧にも間接的に役立ってるはず。
必要以上に買い占めるのは良くないけど。

 

「自粛」は自己満足の呪文でしかない。

不謹慎という言葉が被災者を救えるならいくらでも言いますよ。

でも、被災者の方は、不謹慎って言われても何も変わらない。

不謹慎だからと、私達が笑わないことで被災者が元気になったり、お金を使わないことで復旧が早くなったりしない。

はっきり言って、バラエティに対して不謹慎とか、そんなこと思う余裕もないんじゃないかな。。
毎日を生きるのが精一杯で、不謹慎とか自粛とか、そんなのどうでもいいレベルの話なんじゃないかと思う。

それなのに、いつまでも不謹慎だの自粛だの。

何も救えてないのに、不謹慎とか自粛とか言うと被災者を救ってるような気分になる、幻の呪文なんですよ。

「私、被災者の気持ちわかってますよ」っていう自己満足。

被災者からしたら、
そんなこと言う暇あったら、もっと現実的に支援とか復興に役立つことをしてほしいはず。

実際、不謹慎だとか言う人って、その人自身は被災してないでしょ。
本当に被災してたら、そんなこと考える余裕もないと思う。

バラエティーのことを不謹慎だとか言うレベルじゃなくて、もっともっと壮絶な状況で生きてる時に、被災してない人がそんなこと言ってる場合じゃない。

いつまでも呪文となえてないで、具体的に役立つ事しようよ。

 

支援金の出どころは?どこかから沸いてくるの?

そもそも、自粛って何なんだ。

悪い事したり不祥事起こした人が「今後の活動を自粛します」っていうのは、よくあるけど。
震災は誰が悪いわけでもないのに。
「震災が起きたから、被災してない人も自粛します」って、意味わかんない。

自粛してる場合じゃないだろ!って思う。

自粛するだけじゃ復興なんてできないんだから。
それどころか、自粛は1ミリも復興の役に立ってない。

自粛賛成派の人は
「普段通りの生活して経済を回すよりも、旅行したり外食する余裕があるなら、その予定を中止して、その分のお金を寄付すればいい」
とか、よく言うけど。

「その分のお金」はどこから出てくるの?
どこかから沸いてくるの?

仕事して給料をもらってるから、「その分のお金」があるんでしょ?

じゃぁ、その「仕事」って何なのか。
別に、会社で事務作業したり、工場で働くだけが仕事ではない。

航空会社やホテルで働いてる人もいるし、飲食店やカラオケ屋やパチンコ屋で働いてる人もいる。

誰かの旅行や娯楽が、立派な「仕事」として収入源になって、その中から寄付してるんですよ。

働かなくてもお金が沸いてくるんだったら、そりゃぁいくらでも寄付しますよ。

でも現実問題、被災してない人だって、仕事してお金をもらわないと生きていけない。
そしたら、被災地に寄付だってできない。

だから「遊ぶお金があるなら、それを寄付すればいい」っていうのは、その場しのぎでしかない。

それをすることで結局は経済がまわらなくなる。
日本全体で収入も減って、自分の生活もままならなくなって。
寄付するどころじゃなくなる。

復興なんて、そんな一瞬でできるものじゃない。
継続して支援していくには、経済をまわすのは大前提。

仕事してる人は働いて、いつも通りの生活をして、お金も使って経済を回して。
その中で自分にできることを見つけたら協力する。

まずはそれが大事だと思う。

ボランティアで被災地に駆けつけるだけが支援でもない。
ボランティアはもちろん立派だけれど。
支援の仕方は人それぞれ。

自分の経済活動を止めないこと、仕事として生産活動を止めないこと。

そういう支援の仕方もある。

だから私は、当たり前の毎日を過ごせることに感謝しながら、いつも通り、日々生活していこう。

 

東日本大震災の時にもあった「自粛」。

この「自粛に反対」っていう話、私は5年前の東日本大震災の時にもしてる。

当時のブログをあらためて読み返してみたけど、やっぱり考えは変わってなかった。

▼こちらが5年前のブログ
不謹慎というコトバ。

でも、5年前のブログはまだ表現がやわらかいなー!若いw
自粛に対しての怒りを感じない!(笑)
もぅ今は断然、怒ってますよー!

言いたい内容は同じなんだけど、こんなにも文章変わるもんかな。

その時々で本音を書いてるつもりだけど、
知らないうちに文章の書き方も感情のぶつけ方も変わってるんだなー。
もはや別人格じゃないかっていうくらいw

昔のブログを読んで、「この頃の自分、若いなぁw」と物思いにふけった2016年の4月。

 

すどう的な結論

震災後の自粛は、日本全滅への道しるべ。

 

Pocket